使用楽器のメンテナンス、チューニング等

 まずは、基本としてGuitarやBassの弦は新しいものを張り、替えの弦も数セット用意しておく。アクティブピックアップの楽器は電池も新品に変え、オクターブ調整と、シールドのプラグやGuitarとAmpのジャックも忘れずに無水エタノール(薬局で売ってます)か接点洗浄剤と綿棒等でクリーニングしておけばGOODです。 接点復活剤は一時的には良いのですが、主な成分が油なので後々埃などが付きやすくなりますのであまりお奨めはできませんが、日頃からメンテナンスを行い演奏直前に接点復活剤を必要最小限使用し、使用後洗浄剤でジャックやプラグをクリーニングするのが良いです。 Dr’sのスネアのヘッドは出来れば変えましょう、新品のヘッドの音が合わない場合もありますのでスタジオでスピーカーから出てくる音を聞いてから変えても良いと思います(時間のゆとりがあればね)。 楽器全般のチェック箇所として各パーツを固定してるネジやナットを確りと締める。GuitarやBassだとネックのジョイント部のネジ、ブリッジやぺグを固定しているネジは長期間の使用により緩むこともありますのでチェックしましょう。 ネジを締める時の注意点としてネジ頭のサイズにあったドライバーを使用しないとネジ山やネジ頭を潰す原因になります。 又ぺグを固定しているネジは小さいので力をいれすぎるとネジ穴がバカに(スカスカに)なります、気をつけて調整しましょう。自分で行うのは自信が無い方は、ギターショップ等の楽器店にメンテナンスに出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です