理想とする音像や音質に近いCDなど参考音源を用意しエンジニアに聞いてもらう

トラックダウン(TD)で色々と音作りはできますが、録音前に90%の音が出来上がっているのが理想です。ディレイやリバーブ、フランジャー、フェザーなどの空間系のエフェクトはTD時にも行えます。CD等の参考音源をエンジニアに聞いてもらい、自分たちが出したい音を理解してもらえば、録音時から音作りも積極的に行えます。